マルイ(丸井)のお部屋探し 賃貸 アパート マンション探し

お部屋探しnet

マルイお部屋探しnet トップ > 知っておきたいこんなこと > お部屋探しヒント集
初めての人にも安心 知っておきたいこんなこと
お部屋探しヒント集
ほんのちょっと知っているだけで、上手に、得して部屋探しができるヒントを集めてみました。一歩先行く部屋探しのためにお役立てください。
 
HINT お部屋探しスタート時 HINT 不動産会社訪問時 HINT 現地見学時
 

HINT お部屋探しスタート時

探す人が少ない時期を狙え

部屋探しをする人が多いのは、1月〜3月と秋の転勤シーズン。特に1月〜3月は不動産会社だけでなく、引越し会社も混んでおり、料金も高くつく。どうしても、新年度、新学期に引っ越さなくてはいけないなら仕方ないが、そうでない場合は、時期を外すほうが不動産会社が空いているので、じっくり探せる。また、探す人が少ない時期には契約時の費用が安くて済むキャンペーンをやっていたり、家賃交渉の可能性が高くなることもあります。
 

平日午前中ならゆっくり探せる

じっくり、気に入った部屋を探すためには、平日午前中の不動産会社訪問がベスト。この時間なら1月〜3月でも比較的空いている。また、午前中に訪問すれば、物件資料を見た後、現地を行くことになっても、日のある時間に現地を見られる。これが午後からになると、現地に行った時には暗くて、日当たりなどが分からないことも。時間には余裕を持って午前中に訪問を基本としましょう。
 

「大きく探して絞り込む」が効率的

どうしても○○駅周辺、絶対に1LDKなどと、地域、物件を限定して探すと、該当する物件が少なく、予算も考えると候補物件がなくなることもある。それよりは、ある程度の数の物件を見て、そこから絞っていくつもりで、最初はゆるめの条件で検索、後から条件を加えていく方法が賢明。特に間取りにこだわりがある場合には、間取りが違っても希望する使い方ができることもあるので、あまり決め付けず、数を見て選ぶようにしましょう。
 

メール+電話での問い合わせがベスト

問い合わせはメールだけでOKという消極的な姿勢では、他人に先んじて良い物件を手に入れることはできない。夜、メールを入れたなら、翌朝続けて電話を入れ、希望物件が空いているのか、他に条件に合いそうな物件がないかを聞いてみるのがベスト。うまくすれば、空いたばかり、ネット入力前の物件をゲットできるかもしれないのだ。また、問い合わせメールには携帯など、その他の連絡先も入れておくと、すぐに連絡してもらえて◎。
 

HINT 不動産会社訪問時

不動産会社は絞り込んで依頼しよう

複数の不動産会社に依頼をしても、物件情報が共有されているケースがあるので、同じ条件で探した場合には同じ物件を紹介される場合があります。したがって、信頼できる担当者を見つけ、その人に全面的にお願いするほうが効率的。また、他社でも探している場合には、どんな物件を紹介されたか、それのどこが気に入らなかったかを具体的に伝えると、条件が伝わり、希望に合った物件を探してもらいやすい。
 

条件は理由とセットで説明する

「駅から近い物件」という条件だけを伝えても、その理由が「夜遅くなるから安全のため」なのか、「買い物が便利な場所がいいから」なのかは分かってもらえない。しかし、夜遅くなることが伝わっていれば、駅に近いだけでなく、防犯設備が整った物件を紹介してもらえるなど、より自分の暮らしにあった物件を見つかるチャンスが増える。選択肢を増やし、好条件の物件を見つけるためにも、条件は理由とセットで説明しましょう。
 

難しい条件は最初に話しておく

増えたとはいえ、ペット可、楽器演奏可、駐車場付き、バイク置き場付きなどの物件はまだまだ少ない。そうした特定の、数の少ない物件を希望している時には、最初からその条件を伝え、条件に合った物件だけを探してもらうこと。物件を見てから、「実は……」となると、もう一度探し直すことにもなりかねない。保証人を依頼できない場合にも同様に最初に伝えておこう。
 

HINT 現地見学時

現地見学は1日3軒が目安

同じような間取り、条件の部屋なら、数を見ても混乱するだけ。物件の資料を見せてもらった時点で絞込み、ベストと思われる3軒程度を見るようにしよう。 印象がごっちゃにならないよう、間取り図などの資料に印象をメモする、許可を得てデジカメ、携帯で写真を撮るなども手。 また、何軒か見て、判断に迷ったら不動産会社の担当者にどれがベストと思うか、意見を聞いてみよう。プロだけに、客観的で役に立つ意見が聞けるはずです。
 

洗濯機、冷蔵庫置き場は必ず採寸

洗濯機、冷蔵庫は置き場が決まっているので、下見時に必ずサイズを測り、手持ちが入るか確認しよう。 メジャーは不動産会社の担当者が持っていることが多いので、聞いてみるとよい。また、タンスやシングル以上の大きなベッドなど、大型家具・家電を持っている場合には、それらが入るかどうかも要チェック。下見前にサイズ表を作っておくのがベストだ。 搬入時につかえることもあるので、エレベーター、ドアのサイズなども確認を。
 

ごみ置き場を見れば、住み心地が分かる

ごみ置き場、駐輪場などの共用施設が汚い場合には、管理が行き届いていない、入居者にルールを守らない人が多いといった2つの可能性がある。いずれの場合も、入居後に楽しくない思いをする危険があるので避けたほうが無難。 敷地周辺が薄暗かったり、ごみが放置されている場合も同様。汚い、荒れた印象のある物件は侵入されやすいなど、快適な暮らしには向かないのです。
 
 
あなたらしさをサポートする、3つのサービス
保証人おまかせプラン ROOM iD エポスカード
  運営会社:(株)マルイホームサービスについて サイトマップ プライバシーポリシー 株式会社マルイホームサービス  
Copyright All Rights Reserved. MARUI HOME SERVICE Co.,Ltd.