マルイ(丸井)のお部屋探し 賃貸 アパート マンション探し

お部屋探しnet

マルイお部屋探しnet トップ > 知っておきたいこんなこと > 不動産用語集 > か行
初めての人にも安心 知っておきたいこんなこと
不動産用語集
 
用語集トップ あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

か行

カウンターキッチン
キッチンとリビングダイニングの間を仕切る壁に、窓をあけ、会話したり、様子が見えるようにしたキッチン。対面式キッチンともいう。
カウンタートップ
キッチンにある調理スペースのことで、ワークトップ、天板などとも言われる。ステンレスや人口大理石が使われることが多い。
開閉センサー
窓に設置する防犯アラーム。窓を開閉して侵入しようとすると、その振動などを感知して、警報音を鳴らす。
火災保険
契約期間中に借りた人が起こしてしまった火災、水漏れなどを対象にした保険のこと。最近では火災保険加入が契約の条件となっている場合が多い。
カーテンボックス
カーテンレールの取り付け部分の目隠しのために設けられた、カーテン上部を覆う箱状の設備。剥き出しになっているより、しゃれた雰囲気になる。
可動間仕切り
固定されておらず、住む人が自分の置きたい場所に動かして設置できる間仕切りのこと。収納をかねていることもある。
カードキー
カードを差し込んで開錠するシステム。鍵穴がないため、こじ開けられない上、複製もできないので安全といわれる。
カーペット
ウールやナイロン、ポリプロピレン、アクリルなどで織られた繊維性の床材。フローリングに比べ、暖かく、音が響きにくい、滑りにくいなどのメリットがある。反面、ダニが発生しやすい、掃除しにくいことも。
ガラストップコンロ
傷が付きにくい高強度の耐熱ガラスを使ったガスコンロ。汚れも付きにくく、手入れがラクで見た目も従来のコンロに比べてスタイリッシュ。温度調節その他、機能も充実している。
観音開き
扉を中央からちょうど左右に2分するような形で開閉する方法。またそのような形で開閉する扉のこと。観音菩薩像を納めた厨子の多くが、このような形の扉だということに由来する呼び方で、扉1枚あたりの面積が小さくても、開口部を広く取れるので、狭い場所で広く開けたい場合に有効。
管理人
集合住宅で日常的な清掃や電球の交換、ゴミ出しなどの業務を担当する人のこと。24時間常駐、日中だけ勤務する日勤、特定の曜日の一定の時間に回ってくる巡回勤務など、物件により勤務形態はさまざま。
管理費(共益費)
建物や設備の維持管理、共用部分の電気代などに使われる費用。建物の種別や規模、設備などにより金額が異なり、一般的には設備が多く、管理が充実しているほど高い。
K(キッチン)
シンク、ガス台などを備えた調理スペースのこと。広さに決まりはない。
共用部分
建物内の、借りた人が自分で使ってよい部分(専有部分)を除いたスペース。ちなみにバルコニーは専有部分には含まれない。
禁止事項
契約書に定められた、入居者がやってはいけないこと。無断でペットを飼う、長期で留守にする、入居者を増やすなどが主な禁止事項。契約書によって具体的な内容は異なるので契約時にはよく読んでおくこと。
クロス
壁や天井等に張る内装材を指す。ビニールが多く、他には布や和紙が使われることも。
クローズドキッチン
独立型キッチンともいい、リビングやダイニングなどほかの部屋から独立しているキッチンのこと。におい、煙などが漏れにくく、他の部屋からキッチン内部が見えにくいため、室内に生活感が出ない。
クロゼット
洋室に設置された、洋服収納を主目的とした収納スペース。奥行きはさまざまだが、一般的には50p〜60pが多く、布団収納には向かないことも。
グルニエ
フランス語で屋根裏部屋の意味。ロフトとほぼ同じ意味で用いられる。収納や書斎などに用いられることが多い。建築基準法で高さは1.4m以下、はしごは固定式でないことなどいくつかの条件が決められている。
原状回復
退去時に部屋を入居時の状態に戻すこと。原則として住んでいるうちに自然に汚れた経年変化、磨耗は大家さんの負担で、借りた人が故意・過失で汚損・損壊させたものなら、借りた人が修理費を負担する。ただし、契約に妥当な内容の特約事項があり、かつ借りた人が同意していれば、その内容が優先される。
更新料
賃貸契約を更新する際に大家さんに預けるお金。通常は新家賃の1ヵ月分。
更新手数料
賃貸契約を更新する場合に行われる事務手続きの手数料。不動産会社に支払う。
コーナーガラス
建物の隅に桟なしではめ込まれたガラス。壁がなくなる分、採光が良く明るいので、室内を広く感じることができる。
コンクリート打ちっ放し
壁紙などを張らず、コンクリートを打ち込んだままの状態を仕上げ面とすること。無機質な感触、見た目が人気。
混合水栓
1本のレバーを左右に調整することで水と湯を自由に混ぜ合わせられる水栓。水と湯の割合や水量調節が簡単にできる。レバーを上げると水が出て、下げると止まる方式と、その逆があるが、前者のほうが災害時、出っ放しになりにくいのでお勧め。
あなたらしさをサポートする、3つのサービス
保証人おまかせプラン ROOM iD エポスカード
  運営会社:(株)マルイホームサービスについて サイトマップ プライバシーポリシー 株式会社マルイホームサービス  
Copyright All Rights Reserved. MARUI HOME SERVICE Co.,Ltd.